能登だより

2013-06-17どんぶりこ

こんなにいっぱい生えてるの!?

こんにちは~*かんてん。です!

今日はテント設営をしました。すると、こんなものを発見しました!

写真だと、えっ?雑草?と思うかもしれませんが…実は、ただの雑草ではないんですよ~!

なんと、秋に落ちたどんぐりから芽が出て成長したものが苗になります!!何百年後には、大きなどんぐりの木になります。

しかし、こんなにたくさんのどんぐりの苗が生えていても、隣の苗に栄養をうばわれたりと…

大きなどんぐりの木になれるのは一握りなのかもしれませんね。

どんぐりも人間のようですね。

 ぜひ、施設へお越しの際はどんぐりの苗や木を探してみてください。

  どんぶりこ

2013-06-16何に見えますか?

  

 こんにちは、YMOです。上のゆるキャラの絵は、ここ「青少年交流の家」のマスコットで、交流の家のいろんな場所に登場しています。利用者さんに最初に紹介するのは、入所式後のオリエンテーションのプレゼン画面に出てくる時です。その折には、何に見えますか?と聞くことにしています。

 答えとしては、「トカゲかな」という声が多いです。たしかにトカゲのように思えます。そうしたなかで気づいたのは、福井県から来た中学生からは「キョウリュウ!」という答えがめだつことです。福井県は恐竜で有名ですから、こうした反応が返ってくるのかもしれません。交流の家の“こうりゅう”からの連想もあるのかな(これは考えすぎでしょうかね)

 じつは、このマスコットは「ホクリクサンショウウオ」なのです。石川県の能登半島と富山県の一部でしか見つかっていない貴重な生き物です。私たちはこのマスコットを「ヒノビィ」と呼んでいます。この名前は、学名であるヒノビウス(Hynobius)から付けられました。絵をデザインした職員は、広く定着して、ヒノビィを見たら、「あ、これは青少年交流の家の・・・」とすぐ気づいてもらえるようになってほしいと願っています。みなさんに覚えてもらいたいですね。                             あ、そうそう、ヒノビィは平成20年にマスコットとして採用されています。(「参照=サンショウ」までに)

2013-06-15オススメ創作活動

作品の一例

こんにちは。いのっちです。

今日の能登は、朝から雨がしとしと降っています。

そんな時にオススメな創作活動の、「七宝焼」を紹介します。

七宝焼は型となるキーホルダーに特殊な塗料を塗って、800℃を超える炉の中で焼き、自分だけの作品を造るプログラムです。

今までたくさんの作品を見てきましたが、1つとして同じ作品が無く、小さいキーホルダーの中に無限の可能性がつまっているプログラムです!

たくさんのご利用をお待ちしています。

2013-06-14テント設営

はじめまして、ピーチ姫です。

テント設営

もう少しで完成です

今日は、職員でキャンプ場のテント設営を行いました。

野外での自然に囲まれての宿泊は、ドキドキワクワクです♪

みなさんもぜひ体験してみませんか?

お待ちしております。

 

2013-06-13能登の植物

イシモチソウ(石川県絶滅危惧種):食虫植物

現在、4本見つけることができました。加賀にも少し、見られると聞いていますが、大切に保存していきたいです。AD

2013-06-12いかだ体験

こんにちは。イソジンです。

今日は、晴天。真っ青な空の下、いかだ体験をしています。

時々ふくそよ風が、肌に心地良く感じられます。

晴天が続くと、ため池の水量が・・・・・・。

今日も池の水がうまいぜー(笑)。

2013-06-11いざ、出発!!

のとの、ぐっちょんです。

のとは活動日和です。

今日は活動の中のいかだを紹介します。

いかだといえば、「トムソーヤの冒険」ですよね。

男の子だけに限らず、冒険と言う言葉にわくわくします。

わくわくしに来ませんか!?

お待ちしております(^^)v

2013-06-11素敵な時間をありがとうございました

今日と言っても、昨日になってしまいました。

体育館付近を歩いておりますと、素敵な歌声が聞こえてきました。ふと、体育館をのぞいてみますと合唱をしておりました。

歌声の美しさにはもちろん、一人ひとりの真剣な表情や、体全体で歌う様子にすっかり耳も目も心も奪われました。

ここまでの合唱にするには、生徒さんたちの意欲や、先生方のご指導、学校の伝統などいろいろな要素がうまくかかわりあったのだろうと思いました。

しばらく、日常を忘れてほぅっとしました。心が豊かになりました。

どうもありがとうございました。

今日は、文章だけで失礼します。

BY ドテチン

2013-06-09第3回プログラム調整会

第三回プログラム調整会

ただ今,プログラム調整会真っ最中

こんにちは。ストックです。

本日は第3回プログラム調整会の日です。

このプログラム調整会とは,各団体のプログラムが円滑に運営できるように,各団体間で活動内容,活動場所及び活動時間の調整を行う会です。出席する団体は,7月後半から8月に利用する団体を対象としており,現在もなおプログラム調整中です。

この夏,この能登ですばらしい体験活動ができますように!

2013-06-08世界にひとつだけの

こんにちは!福島生まれ福島育ち能登出荷のあすパラです!

最近は日焼け止めがないと焦げてしまいます。

今日は、柴垣海岸より中継で「砂像造り」を紹介します。

スペシャルゲストは「かんてん。」です!パチパチパチ~。

「砂像造り」とは、砂浜の砂を使った造形活動です。砂像はとっても頑丈なので写真のようなものも造れるんです。

柴垣海岸の砂浜は全国でも珍しく、車で走ることもできます。それはなぜかというと、砂が特別細かく締まっている(水分を吸って固くなる)ためだそうです。だから柴垣海岸の砂は砂像をつくるには最高の条件なんですね。

今年もたくさんの方々が砂像作りを楽しんでいます。

皆さんも世界にひとつしかない作品を造ってみませんか?

  • 空室状況
  • 利⽤申込フォーム
  • 利⽤申込書類ダウンロード
  • のともファミリー
  • のとボラ

CONTACTお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0767-22-3121
受付時間 8:30〜17:15(12/29〜1/3のみ休館)

Webでのお問い合わせ

ページトップに戻る