能登の七不思議?

こんにちは、ダイモンです。

今日は当施設の七不思議を紹介します。

宿舎棟に囲まれた中庭に小さな池があり、金魚や鯉など約50匹の淡水魚たちがケンカもせずに仲良く暮らしていました。ところが・・・最近になって職員が気づいたのですが、池の中の魚たちが見えない(涙)!先日、羽咋市を襲った豪雨のさなか、100mほど離れた下杢左衛門池までハイジャンプで跳んで行ったのでは?という都市伝説まで流れています。

目撃者はおらず真実のほどは不明・・・。毎日、えさを与えている次長にもわかりません。

もしかしたら池の水が濁っているせいかな(笑)。

魚たちは池の底のほうで静かに夏が終わるのを待っているのかもしれません。

皆さんも能登へお越しに際にぜひ直接確かめてみて下さい!