今日も発見!!

みなさん、こんにちは!

しもっちです。

初雪の便りも聞かれるようになり、ずいぶん寒くなってきましたね。

 

秋から冬へと向かうこの時期ですが、

実は最近、私は交流の家の周りで様々な生き物と出会っています。

思いもよらないところで、生き物と出くわすのでとてもびっくりします。

 

そして今日も出会ってしまいました。

施設内に異常がないかどうか見て回っているときのことです。

池にたくさんの生き物を発見しましたよ!

何だかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

写真では小さくて分かりづらいかもしれませんが、たくさんのカモがいるのです。

 

日本で見られる野鳥の多くは移動する鳥だそうです。

なかでも、日本と海外とを移動するものは「渡り鳥」と呼ばれます。
冬に訪れる鳥は「冬鳥」と呼ばれ、代表的なものは、マガモ・コガモ・ヒドリガモ・オナガガモ・マガン・オオハクチョウなどです。

日本で見られる冬鳥の多くは夏の間シベリアで繁殖し、寒い冬を日本や東南アジアなどで過ごしています。

 

今日のように晴れた日には、バードウォッチングもいいかもしれませんね!

そんな自然と身近にふれあえる交流の家に、みなさん気軽にお越しください。