おおがた えほん

こんにちは、YMOです。ここ青少年交流の家に図書コーナーがあります。利用者の皆さんが活動の間の自由時間に静かに読書している姿を見かけます。“ほっとひといき”というところですが、本が身近にあることで手にとってもらえるのがなによりです。                                        写真はその図書コーナーの入り口にある「大型絵本」です。3日ほど前のこと、図書コーナーで休むことになったグループに、「大型の絵本がありますよ」と話してみましたら、「うん、知っているよ」「スイーミーがあったよ」という言葉が返ってきました。                                            そうそう、この大型絵本は国立青少年教育振興機構本部から送られてきました。幼児の受け入れ時の読み聞かせ活動の充実を願ってのものです。もちろん大人の人にとっても読み応えのある絵本です。