水源調査 - 2020/05/31

こんにちは。かんぬしです。

今日は最高気温25.0℃の夏日となりました。梅雨も目前になりムシムシしていました。

さて、今日はカヌーの活動場所である上杢左エ門池(かみもくざえもんいけ)の水源調査を行いました。昨年度から、池の水が溜まりにくくなっており、その原因をつき止めるべく調査しました。カヌーを池の端まで漕ぎ流れ込んでくる水の入り口を探したり、水栓をチェックしてみたりしましたが、直接的な原因はつき止めることができませんでした。

年々、池の範囲も小さくなっており、水源から流れ込んでくる水の量が減ってきてるのではないかと思います。

今年の梅雨はたくさん雨が降り、上杢左エ門池にたくさんの水が溜まってくれることを祈るばかりです。

また会える日に向けて - 2020/05/30

皆さんこんにちは。山ちゃんです。5月も本日を入れて残り2日間となりました。コロナウイルス感染防止のため皆さんの受け入れを休止していましたが、待ち望んでいた受入れ再開日の6月2日(火)がようやく訪れます。

再開に向けて皆さんの感染拡大防止の観点から、宿泊可能人数や活動プログラム等について一部制限を設けております。また、皆さんに色々とお願い事がありますので代表の方はもちろん、お子さんの保護者の方々も必ず添付『感染防止のためのご理解・ご協力のお願い』をご確認されご利用ください。

上記の写真は、玄関入口に設置した手指の消毒液です。ちなみに2つのポンプの間隔は、対人距離最低値の1メートルです。

この玄関を通る皆さんに会える日を職員一同楽しみにしていますね。

ツバメ - 2020/05/29

こんにちは、としべえです。

今日の能登は、湿度が低く、気持ちがよい天気となりました。森の中からウグイス、ホトトギス、キジの鳴き声が聞こえました。野鳥たちも気持ちよさそうですね。

さて、交流の家の玄関を開けていると、ツバメが館内に入ってきました。としべえの家でも、先日、換気をするために窓を開けていると、ツバメが家に入ってきてビックリしました。ツバメの巣作りが活発になってきてきますね。能登でよく見るツバメはコシアカツバメといって、腰と眼の後ろの羽が赤褐色をしています。また、ツバメは春になると、台湾やフィリピン、マレー半島、オーストラリアなど3000~5000kmも離れた南の国から日本に移動するそうです。あの小さなツバメがそんなに遠くから飛んでくるのは驚きですね。

みなさん、ツバメはもちろん、たくさんの野鳥の声を聞きに、能登に遊びに来てください。6月2日からお待ちしています。

活動紹介🌳グリーンアドベンチャー - 2020/05/28

みなさんこんにちは。かんちゃんです。

交流の家ではたくさんの活動がありますが、今日はその中の1つ「グリーンアドベンチャー」を紹介します。

「グリーンアドベンチャー」は、敷地内に点在する指定の樹木をグループで協力して探し出し、問題に答えるという活動です。身近な植物を五感を働かせて観察することで、名前や特徴、文化との関わりについて知ることができます。

 

写真は「トベラ」という名前の木です。つやがあり、反り返った葉が特徴的ですが、枝葉を切ると嫌な匂いがするのも特徴の1つです。その匂いから、節分にはイワシの頭などとともに扉に掲げる地域もあるそうです。そのため、扉の木と呼ばれ、これがなまって「トベラ」となったそうです。5月になり、クリーム色の小さな花を咲かせています。意外な事に、花の香りはとても爽やかな香りです!

 

五感をフルに使って楽しめる「グリーンアドベンチャー」、おすすめします!

タンポポのひみつ - 2020/05/27

みなさんこんにちは。かがやきです。

今日所内周辺を巡回してしていると、タンポポの綿毛を発見しました。タンポポという名前の由来は、花後の姿が綿球の「タンポ」に似ているので、「タンポ穂」とよばれたとする説など諸説あります。タンポポは開花してから14日ほどで綿毛になりますが、花の期間は短く、5日程度だそうです。また、綿毛になった後は風で飛んでいきますが、綿毛は非常に軽く、ほぼ無風に近い0.5mの微風があれば、全く無風にならない限りどこまでも宙に浮いていることが出来るのだそうです。綿毛のすごさに驚きました!

もうすぐ6月になり交流の家も受け入れを再開します。タンポポ以外にも自然がたくさんありますので、ぜひお越しください!

アサガオ!?じゃないっ! - 2020/05/26

皆さん、こんにちは!

昨日、緊急事態宣言が全国で解除され、新型コロナウイルスの流行はほぼ収束したとされました。報道などでもありましたが、一人ひとりが意識し協力した成果だと本当に感じます。ただ、これからも新型コロナウイルスの脅威と隣り合わせで生活せざるを得ないことに変わりありません。

6月1日からの受入れ再開に向け、交流の家では職員一同できる限りの感染防止対策を講じていますが、利用していただく皆さまからのご理解・ご協力なしでは、運営が難しい状況です。ご不便をおかけすることも多々あるかと思いますが、少しでもご利用いただく皆さまの笑顔や素敵な思い出が増えるよう、精一杯頑張ります!

さて、今日敷地内を点検していると小学校の時によく見た「朝顔(アサガオ)」らしき花が。でも微妙に”葉”が違う。調べてみると、「昼顔(ヒルガオ)」の仲間で”ハマヒルガオ”という花でした!さらにさらに、「夕顔(ユウガオ)」「夜顔(ヨルガオ)」という花もあるそうです!

顔(ガオ)4姉妹…。

ただ、4姉妹で1つだけ仲間はずれが。それは唯一”ウリ科”の「夕顔(ユウガオ)」!

調べてみるとどんどん色んな事がわかって、今日は勉強になったなぁ。

以上、でんでんでした!

マリーゴールドがお目見え - 2020/05/25

花ちゃんです。

花壇の定番品目ともいえるポピュラーな花、マリーゴールドが交流の家にもお目見えしました。

マリーゴ-ルドは鮮やかな黄色や橙色の花を長期間次々と咲かせ、ボリューム感もあって、マッス植えや花壇の縁取り、コンテナ植えなど、広い場所から小さなスペースまで、華やかさを出すのに適した草花です。品種も多く、組み合わせによりさまざまなバリエーションが演出できます。マリーゴールドには独特のにおいがあり、一緒に植えると互いの性質が影響し合って植物の害虫の防除に役立つものもあるそうです。

色とりどりのマリーゴールドとともに職員一同お待ちしています。

 

 

 

受入再開に向けて! - 2020/05/24

こんにちは。かんぬしです!

本日も外で遊びたくなるような快晴の一日となりました。

緊急事態宣言が解除され、交流の家では6月から利用者受入再開に向けて、日々準備を進めております。玄関にアルコール消毒をセットしたり、研修室の机や椅子の間引き、3密防止のポスター準備など、利用者の皆様に安心してご利用いただく為にやることは盛り沢山です。

先日、のともファミリーの方から、こんなメールをいただきました。「毎日、能登だよりを読み元気をもらっています。交流の家のイベントに行けることを心待ちにしています。」といったものでした。

大変うれしく、のともファミリーの皆さんに早く会いたいなという気持ちになりました。また、毎日の能登だより更新を楽しみにしてくださる方がいることがとてもうれしかったです。

また皆さんに会えることを楽しみにしております!

山の緑こく - 2020/05/23

みなさんこんにちは。かんちゃんです。

今日も晴れて、初夏の過ごしやすい陽気の一日です。

 

交流の家の周りでは、森の木々の緑がますます濃くなり、澄んだ空とともに、とても素敵な景色を見ることができます。

新型コロナウイルスの影響により、静かな交流の家では、事務室の窓辺にいろいろな鳥の声が聞こえてきます。4月から聞こえていたウグイスに加え、今日はカッコウの声も聞くことができました。

カッコウといえばその名の通りの鳴き声で、童謡などでも歌われます。また、自分の卵を他の鳥の巣に産み、世話を任せる(托卵)ことでもよく知られます。調べてみると、カッコウは夏になると日本にやって来る、渡り鳥であることを知りました。

能登でも、少しずつ夏が近づいてきていることを実感しました。みなさんも夏の訪れを感じさせるものを探してみてはいかがですか!

 

新コースが完成まじか! - 2020/05/22

本日は曇りのち晴れで予報では19℃前後で少々肌寒く感じます。

それでも朝、一部ですが小中学生が元気よく登校しているのを街角で目にすると

こちらもその元気パワーがしっかり充電され、身近に取り巻くマイナス思考(志向)が吹き飛ばされます。

そもそもマイナス思考(志向)とは取り戻せない過去を勝手に悔やむこと。

結果のわからない未来を勝手に決めつけてしまうこと。

しかし物事にはプラス思考(志向)があるように必ず2つ以上に考えられます。

その複数のルートを仲間と話し合って見つけ出し時間内に行動に表す体験が

当施設内ではOL、WRなど実は様々なコースで楽しむことができます。

今日も朝からスタッフが汗を流して新しいコースに橋をかけ整備をしました。コース完成までもう少し手を加えます。

 

現状が早く終息し、安心安全が確認される日常生活が戻れば、是非ここで思いっきり楽しんでいただければと念願しております。