AED

万が一に備えて、事務室の出入り口にAEDを設置しています。

職員は毎年普通救命講習を受け,心肺蘇生法及びAEDを使用した救命処置の訓練を行っています。

※AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

(左写真)危機管理・熱中症対策講習会と普通救命講習時の様子

 

 

AED設置場所・避難経路図はこちら